2017年04月26日

筋骨めぐり(2)

釣り吉三平.JPG
釣り吉三平にアユ釣りのモデルの場所になった、
飛騨川と馬瀬川の合流点です。
少し下流に渡しが有ったそうですが、
国鉄高山線が出来、橋が架かり、不要になりました。
道は生活を変えます。
井戸筋骨.JPG
水が豊富で、栓を開けると、
水位が低いので下から湧き出て一定を保つそうです。
共同洗い場はルールに従い使われていました。
洗い場.JPG
張り巡らされた細い道で、現在位置不明です。
狭い道.JPG
ただただ、ガイドさんに付いて行くだけです。
三階建て.JPG
究極の不法三階木造建物が、何軒も有ります。
今では画のモデルになっているそうです。

[旅行] : 07:54  : コメント (0)

2017年04月25日

筋骨めぐり(1)

めぐり筋骨.JPG
飛騨街道・金山宿
JR高山線に飛騨金山と言う駅が有ります。
この街はかって、歓楽街として栄えた街です。
近くに鉱山があり、その後はダムの建設など、
大勢の働き者の夜の憩いの街だったそうです。
今は高速道路と、時代の変化で静かです。
今年は春が遅く、ちょうど今が桜とコブシの満開に出会い、
飛騨街道は華やかでした。
街の中心部に地元ガイドさんが待っておられ、
楽しい案内を受けました。
筋骨と言うのは骨に筋肉がついている道?路地裏?
解ったよう解らないような名前の生活道です。
狭い道で60センチ幅、人とすれ違うのもヤットです。
裏庭なのか、玄関なのか、ドンドン歩いて行きます。
そのワクワク感がとても面白いのです。
住んでいる人は迷惑?かも知りませんが興味津々。
古い町並みに多い、間口は狭く奥が深い街です。
洗い場も共同、お風呂も銭湯です。
1浴場.JPG
珍しいタイルで有名なタイルメーカーが見学に来るそうです。
お風呂の湯舟は立湯になっています。
大正モダン.JPG
大正モダンの料亭で、室内は日本画でめぐらしてあるとか。
大正モダン2.JPG
大広間の画は素晴らしいらしい・・・・
玄関からチョと覗きました、想像できます。
ミラーボールのようなキンキラキンの散髪屋さん、
想像つきますか?壁が鏡タイルで光っています。
営業中で中に入れません。

[旅行] : 07:28  : コメント (0)

2017年04月24日

岐阜城

1岐阜城.JPG
おかたずけの為に読んでいる戦国時代小説に、
このお城の様子が何度も出てきます。
気になっていた岐阜城へ出かけました。
鎌倉時代から稲葉城と言われ、金華山頂上に作られました。
城主は次代わり、土岐氏・斉藤道三から織田信長に、
司馬遼太郎は観てきたような場面を、
ワクワクして読んだもんです、
織田、豊臣、徳川・・・関が原以後壊されたそうです。
それ位重要な場所に有る山城です。
岐阜城ロープウエー.JPG
5分で329mメ-トルの金華山へは、
ロープウエーが天守閣へ運んでくれます。
ココからは案内人の方のお話で楽しく回ります。
1天守閣から.JPG
天守閣博物館では信長様が待っています。
戦国本.JPG
歴史本の一番面白い戦国時代、その中心地です。

 : 09:09  : コメント (0)

2017年04月22日

今夜のご飯

DSC08182.JPG
・クリームコロッツケ(ベーコン・キノコ・玉ねぎ)
・サーモンのマリネ
グラタンにしようかと思っていましたが、コロッケに変更です。
調理工程が増える料理は面倒ですが、
作ればおいしいですね。
汁物があればよかったんですが?
「汁物は食事を豊かにします」
「汁物を一品つけなさい」と。
一休さんの学生時代の先生の教えでした。
時たま思い出します。

[ごはん] : 22:02  : コメント (0)

2017年04月21日

ハブテトル ハツテトラン

ハブテトルハブトラン.JPG
大好きな中島京子さんの本をツタヤで見つけて買いました。
売った金額より買って帰る方が多いのがツタヤです。
読み始めると何だか変!小学生の世界が中心です。

あとがきに子供向けに書いたとありました。どうりで!
備後松永を中心に方言を使って子供にまつわる、
馴染みのアル方言、地理が目に浮かんできまます。
とても心地よい生活は読んで幸せになります。
その辺安心して読める中島京子さんの世界です。

[本屋] : 06:06  : コメント (0)

2017年04月20日

贅沢たまごジャム・伊勢茶味

DSC08101.JPG
これが一休さんの朝ごはんです。
絵とは違います。
ヨーグルトにかかっているのはブルーベリージャムです。
冷凍ブルーベリーと干しブドウを入れて作ります。
DSC08098.JPG
お伊勢さんへ行った時、
贅沢たまごジャム・伊勢茶味を、
お土産で買って帰りました。
パンに付けて食べます。
ミルクは抹茶味で飲みます。
パンはイギリスパンがカリカリと美味しい。
今朝はチーズが有りません。
ある物で済ませます。

[おみや] : 08:07  : コメント (0)

2017年04月19日

4月第2週・絵の会

14月2週め画の会.JPG
今日は一休さんは画材当番です。
おまけに会計係に手間取り、場所取りが出来ません。
一休さんは朝食をイメージして持ってきました。
セットは手慣れている仲間が組み合わせました。
24月第2週.JPG
先輩が上手く描いています。
54月大2週.JPG
花も持って行きました。
ガーベラに見えないと批評を受けていましたが、
一休さんは構図と色に感動してます。
もちろんこれも先輩の画です。
34月第2週.JPG
今日は散々でした。限界かな~と落ち込んでいます。

[描く] : 07:51  : コメント (0)

2017年04月18日

花のまわりみち

開門行列.JPG
毎年、楽しみにしている造幣局の桜です。
昨夜の春の嵐で花が心配でしたが、晴れてきました。
今日が最終日です。開門前から行列でした。
何方からおこしか、ツアー客も3社は入っています。
1晴天.JPG
飛ばされた花びらのピンク絨毯ができてます。
絨毯ピンクの.JPG
高齢者のくるまいす、保育園の乳母車も花に囲まれています。
お散歩.JPG
今日一番気に入ったのがこれでした。
花一番.JPG
昨夜の雨で枝が折れたのか泥だらけの花を見つけました。
思わず手が伸び拾い上げてしまいました。
立ち入り禁止のゾーンに一歩でも入ると、
ガードマンが走ってやっときて注意します。
一休さんバックから袋を出して素早く入れました。
花泥棒です。
折れ枝.JPG
生き返りました。

[散歩] : 20:40  : コメント (0)

2017年04月16日

縁見屋の娘

DSC08100.JPG
ミステリー大賞を取ったのかしら?
ミステリーの分野には少し無理があるような気もします。
あまり面白くなかった。
一休さんの好みでなかったって事でしょう。
ミステリー大賞に釣られましたが、チョッと失敗でした。
時に、こうゆう事も有ります。

新聞の購読を止めました、広告しか見ていないのに、
自分で嫌になったんですが、ない物ねだりでなつかしい。
新聞の広告が本選びに役立っていたのを感じます。
本屋大賞、ミステリー大賞、もちろん芥川・直木も、
話題の本には触れたいと思っています。
かたずけの為とはいえ、古い本ばかりこだわってもね、
しかし、過去の本は読んでみて後悔しません。
やっぱり、価値観がマダマダ古いんでしょう。

[amazon] : 09:31  : コメント (0)

2017年04月15日

秋色

DSC08099.JPG
時代劇、時代小説と言う分野がありますが、
通常は江戸時代260年を指します。
それ以前は戦国時代小説?
明治以後は?
そしてこの小説を読んで、新時代劇?なんて!
昭和30年代の2世代くらい前の小説でしょうか?

内容・テーマはそう、そうこう考えてたんだったよね!
自分を殺して自分以外につくす!
他者を通して自分が生きる事です。
最高の価値と「こうあるべき!」と。
こんな事でずいぶん考え、悩み、苦しみ・・・・
今考えればバカな事、ムダな事で・・・・
時間を取られていたんだなーと。
しかし、まだまだ尻尾を付けています。
だいぶ小さくなっていますがね。
自分を自由に開放してやらなくては。

かたずけの為に読んだのですが、
気持ちの整理に役立ちました。

[本屋] : 09:39  : コメント (0)