2015年11月16日

ランチ

ナンバンハゼ.jpg
「誰か~ランチを~」とブログにアップしてたら、
メールです。「了解」。
久しぶりの友人とランチに行きました。
彼女は一休さんが何も言わないのに、
私の一番のストレスを知っています。
彼女には今迄、お礼を言ってませんが、
何度も彼女に救われています。
「宇江佐真理さんの本に「聞き屋与平」て言うのが、
有るの、嘘か本当か江戸時代のに、話を聞くだけ」。
「今で言うカウンセラーかね」「イエス、イエス」と、
聞くだけで自分自身が問題を解決していく。

「それがね今は、イエスじゃ間に合わんのよ!
認知行動療法と言うのに変わってるんよ」
「それってどんな物?」・・・・・・・
「へー!なるほど!」
3時間のランチで、
又、彼女に救われたかも知れません。

[友達] : 20:56  : コメント (0)

2013年09月15日

敬老の日

DSC07147.JPG
一休さんがお隣のおばあちゃん夫婦に、
贈ったお花です。
お花屋さんへ行くとこれとほぼ同じセットが有り、
これ位なら「出来る!」自分でセットしました。
93歳おばあちゃんだけが、
敬老会へ近所の方に連れて行ってもらいました。
「2時間楽しんで、後はベットへ倒れこんでよ!」
笑いながら会の様子を話してくれました。

どうゆう事か、あっちコッチから一休さん夫婦にも、
敬老?のお菓子やお花が届いたんですよ。
有難うございます。

[友達] : 16:36  : コメント (0)

2012年07月21日

美脚?

DSC05388.JPG
3才のお嬢さんの悩ましい?美脚です。

高齢者にはキョウヨウと、キョウイクが大切。
教養、教育ではなく、今日用、今日行く。
その日その日、用事と、行く所が無くては。
とは言うものの、ナカナカ難しい事ですよ。
病院とか・・・・・・・・ね。
アーア、つまらん!

[友達] : 17:54  : コメント (0)

2011年10月09日

女子高へようこそ

DSC04133.JPG
これは高尾山のタマアジサイ、8月お盆の頃、
あちこちに咲いていました。

朝日新聞、リレーおぴにおんに
コラムニスト辛酸なめ子さんがこんな事を書いていました。

女子高出身者は美人だけどフェロモンを感じない。
多感な時期に男性が近くに居なかったので、男性の目を意識せず、
警戒心がなさ過ぎる。
免疫が無いので近くに居る人にマイってしまう。
男性を立てることも、うまくない、気が利かない。

イイところは、
一人で生きる力が見につく、男性を頼らないで自立を教育されている。

我々女子高仲間で、日頃会話している事を、
そのまんま文章に出来る彼女は素晴らしいですね。
彼女の言う所のイイところも、
現実社会では、まだまだ、これは役に立たない。


女性の幸せにほど遠いいのが女子高?

[友達] : 09:19  : コメント (0)  : トラックバック (0)

2007年04月03日

新年度

始まりです。
一休さんの知り合いに、
この4月から新しい出発を始める方がイロイロ居ます。

30歳を過ぎて看護専門学校へ入学。
30歳で、子供が一年生、お母さんが大学院の一年生の同時入学。
30歳を過ぎて、奥さんの一年生。

年齢に関係なく、やりたい時にやってみる。
本等に素晴らしい事です。
そんな、フレッシュマンに、桜満開。
20060907KOREA 1689.jpg

[友達] : 16:52  : コメント (1)  : トラックバック (0)

2006年03月10日

お誕生日にありがとう

photo 242.jpg

今日は母の誕生日。
本当は1月1日に生まれたそうですが、親が出稼ぎ先の、
アメリカで出産、すぐに出生届けが出せなかったそうです。
明治のことです。

「おかあさん、生んでくれてありがとう」
「母への感謝の気持ちを、お誕生日に言いましょう。」
「プレゼントをもらう日じゃなく、感謝する日よ。」
最近連絡をしていなかった友達が、
何かあったのではと電話してきました。
一休さんのことを、心配してくれる人がいるのです。
ありがたい事です。
母か亡くなった事を伝えると、こんな話をしてくれました。

言っとけば良かったと、後悔しました。
早めに言っとかないと、いかにもお別れの言葉みたいで、
深刻な状態の時はナカナカ言えません。
早い時には、照れて言えません。

彼女は、面と向かっては言えなく、手紙に託したそうです。
一昨年突然お母さんを亡くされましたが、
大事にその手紙が保管されていたそうです。

[友達] : 14:50  : コメント (0)  : トラックバック (0)