2017年09月16日

ウメ子

ウメ子.JPG
図書館で偶然出会った本です。
インタビュー物しか書かないのかと思っていました。
小説家です。
子ども向けの読み物?
子どもの心がこんなにも複雑なことを理解できるのかと、
大人が書いているのだからかもしれませんが、
子どもの気持ちがよーく理解しやすい内容です。
強烈に元気のでる、興味を引き起こす内容でした。

[図書館] : 18:38  : コメント (0)

2017年08月18日

歳月の梯子

アンタイラー.JPG
平 安寿子と言う作家がペンネームでマネをしたのが、
アン・タイラー、アメリカのベストセラー作家です。
マネされるくらいの作家なので、興味がありました。
ベストセラー作家だそうです。
1980年代のアメリカの中年女性の家庭生活です。
詳しい描写に古いテレビのホームドラマのセットを想像します。
まだ携帯電話のない時代で、もどかしい処ですが、
家族の中の夫婦関係と子供との関係、
ちょうど今の日本の問題を定義している?
まあ、アメリカの小説ですから最後はハッピー!
状況、家庭内のセット・・・細かく描いて、
ストーリーが進まない?
めずらしいタイプの小説を読みました。

少し古い時代の小説を読むと携帯電話のない頃、
今と違うもどかしさ!違和感を感じます。
時代小説ではなく、現代小説でもない、
懐かしさも伴い、頭の中で切り替えて読んでます。

[図書館] : 18:15  : コメント (0)

2017年07月03日

こんなわたしで、ごめんなさい

DSC09536.JPG
ユーモア小説?
女性の永遠の問題、結婚!
シリーズ毎、納得共感しました。
中で、一番はフリフリの洋服を着る兄嫁さんの話です。
人を理解することは自分を理解するとのなんですね。

作家の経歴を読んで、これまたビックリ、同窓後輩でした。
新人賞も受賞してるらしく、もうちょっと長い物で、
フィーバーしてほしい、本屋大賞何ってどうでしょうか?
応援します。
これも図書館で見つけました。

[図書館] : 21:16  : コメント (0)

2017年07月02日

築地の門出

DSC09537.JPG
今日は東京都議選挙の日です。
よそ事ながら、日本全国の関心事です。
問題点はテレビで論じられていますからまあ、
そちらに任せて。
不思議なことにこの本は2015年11月22日、
2015年当初から「小説推理」に初版されたものです。
当然、2年後に移転するという設定での、物語です。
何度か行ったことも有り、昨年11月末にも行きました。
間口1間のお店、パパママストアー
小説とは言え、頭に浮かびます。
テレビで論ぜられていることが、根本的な事でしょうが、
中の人の問題を論じることが無いのに気付きます。
作ったものは使わざるを得ないんでしょうが。

日本全国どこにもある、イチバ、シジョウではなく、市場。
時代変化で新しい場所に移転しているようですが、
商店街の衰退と似ています。
小は大に太刀打ち出来ない!
それでも居場所、役割を、自分で見つけて、
折り合わなくてはいけん無いんでしょう。

図書館でふと目に付いた本でした。

室温30度、今日からエアコン入れます。

[図書館] : 13:39  : コメント (0)

2016年12月26日

梟の城・赤ひげ診療譚

DSC07568.JPG
梟の城・昭和34年後半の直木賞受賞
司馬遼太郎の出世作です。言葉も難しく、
後の会話の多いスピードのある情景描写とは違います。

赤ひげ診療譚・昭和41年、120円。
何度も映画になり、人気作品です。
貧しい、世界中が貧しい、そして今もまた違った貧しさ。


[図書館] : 18:57  : コメント (0)

2016年12月18日

巨いなる企て

DSC07551.JPG
「古い本を読み返して処分してるんよ!」と、話すと、
「本は一番処分しやすいんよ」、
「かたずけはね、難しいものから始めないと」と、言われました。
その通りです。
読み返しても、ストーリーに記憶が有りません。
作者の経済学者としての目から、
現代の会社組織と照らし合わせて切り込んでいます。
人の心の、物事が何に流れてゆくか、とても理論的です。
その上で、全く理論だけでない世界が有ることも。

企てとは、徳川に勝つには!
・大義名分
・弘宣衆智
・象徴
大義名分は、義ではなく恐怖と利に誘われる。
義なんて、ロマンにすぎない。
弘宣衆智は情報量の経験や常識による。
象徴は事実ではなく印象により理解し、
決断の最大の情報である。印象は数学ではない。
石田三成はこの三つを創る為の手段と具体性を考えた。
と、書かれている。

[図書館] : 14:05  : コメント (0)

2016年10月18日

吉原手引草

手引草吉原.JPG
以前、読んだ記憶もありますが、
ストーリーを覚えていません。
ミステリーですが、組み立てが斬新で面白いです。
江戸文化?の一つを深く語っている内容です。
調べてみると直木賞受賞作品でした。

[図書館] : 08:25  : コメント (0)

2014年07月21日

眠れる森の美女

眠れる森の美女.jpg
完訳ペローの昔話、
その中の「眠れる森の美女」の話です。
子供の時読んだ記憶より、
子供へ読んだ記憶の方が鮮明です。
絵までよく記憶しています。
絵本は取っておいたはずなのに、
見つかりません。
なぜこの本を今さら・・・・
姫と映画マレフィセントを約束したからです。
「下調べしといてね!」と、
中姉さんからこの本を渡されました。

グリム童話にも同じ話が出ますから、
ヨーロッパ共通する昔話のようです。
この本は私の記憶と少し違い、
子供向には結構残酷です。

[図書館] : 17:51  : コメント (0)

2014年03月26日

トルコ本

069.JPG
図書館から借りて帰りました。
この他にも10冊近くにもなるでしょう。

黒海を挟んで今、問題地域です。
オリンピックの有ったソチ、
ウクライナからの独立のクリミヤ。
歴史が始まってから問題の絶えない、
文化・政治・宗教の文明交差の場所です。
それだけに、「面白い国よ!」と、
ここを旅行した人は教えてくれます。
一休さんトルコへ行って来ます。

[図書館] : 05:27  : コメント (0)

2010年09月10日

償却済み社員張りきる

DSC02079.JPG
定年を迎えた社員の、同期入社の仲間の話です。
会社になじまず早く辞めた人、取締役にまでなった人、
かっての女子社員と思い出、その後。
話の中心は、元同僚に勧められて、
運転免許を初めて取得するまでのお話です。
元の肩書が邪魔をしたり、年甲斐もなく恋に恋したり。
(男って、女にモテル素が不変だと思っているみたい?) 

無事免許が所得できて、今までの生活から、
機動力の付いた生活を妻と楽しみ、メデタシ目出度し。

身近に、定年後に先ず運転免許を取った方が居られ、
奥さまや家族とドライブや毎日の買い物に協力している方が、
チラチラ重なりました。

[図書館] : 11:09  : コメント (0)  : トラックバック (0)

2005年09月17日

仲蔵 狂乱

松井 今朝子
時代劇大賞受賞
落語の古典の噺としても有名です。
今、襲名とか、何世とか、現代では実子が襲名しますが、
以前は、養子も、多く、家元芸は,物心付くか付かない時から、
身体が、環境が、覚えるもの、世襲制がどうのこうのと言う、
政治家とは、全く違う世界。
モットも、今回の選挙はその話題はありませんでしたけどね。
時代が変わっているのでしょうか。

江戸文化大好き、一休さん。
2年前、歌舞伎座野,4階から、一幕だけ、
襲名披露を見たことがあります。
そのころまだ、この手の小説は、「きのね」、「宮尾登美子」
しか、読んでませんでした。
モット、勉強をして、正面の値段の高い席で見たいもんです。
お金を払っても、、惜しくないようにね。
伝統芸能の、モノスゴサかんじます。
8.14 116.jpg

[図書館] : 09:31  : コメント (2)  : トラックバック (1)